テープ起こしの仕事

テープ起こしという言葉や仕事があるのは知っているけれど、実際にはどのような仕事をしているのかわからないという人も多いので、まずはどのような仕事をする人のことなのかを紹介させていただきます。テープ起こしというのは、簡単に言えば音声を聞いて音声の通りに文章を打ち込んでいく仕事なのです。

通常はテープやCDに入っている音声を聞きながら、パソコンを使って文字を打ち込んでいくのですが、当然音声とパソコンを打つスピードを比べると、音声の方が圧倒的に速くなっていることがわかるでしょう。そのため、テープ起こしの仕事で最も重要なことは、音声の速さにある程度追いつけるだけの速度で文字を打ち込めるだけのスピードが大切になります。

もちろん速ければよいという訳ではなく、正確に打ち込めるというスキルも無ければ勤まりませんので、速く正確に文章を打てる技術がなければいけません。ただし、1回の再生で全ての文章を打つことは難しいので、通常は何回か再生を繰り返しながら入力していくようになるのですが、ここでベテランと素人の差が大きく出てしまうのです。
例を挙げて見ると、10年間仕事をしているベテランは、大体1時間分のテープを1日で入力できるのですが、素人は1週間ぐらいかかってしまうのが一般的です。そんなテープ起こしの仕事は、会社に勤務して行う正社員やアルバイトという形で作業をすることは少なく、大半が在宅ワークとして自宅で作業を行うことが多くなっています。

当サイトではテープ起こしのスキルアップに役立つ情報を記載しているので、これからテープ起こしの仕事をしたいと考えている人の参考になればと思います。